製品情報

バイオサイエンス分野分野
光安定性試験装置シリーズ

光安定性試験器 PTH-400NC1

光安定性試験ガイドラインでは、新原薬及び新製剤については曝光によって許容できない変化が起こらないことを示すために新原薬及び新製剤が本来有する光に対する特性を評価することが求められます。
当社は環境制御分野の専門メーカーとして、長年、製薬&バイオ分野において、クリーンルームや環境試験、光安定性試験分野で顧客の視点に立った製品開発を行っております。
近年、バイオ医薬の開発の進展等もあり、各種の試験装置に対するニーズが高まっています。研究者のご要望に応えていくため、当社の光安定試験器は機能性と利便性を向上させてリニューアルしました。
新型は、"Simple & Convinience"が製品コンセプト。スマートでソフトなフレーム、加湿器タンクも内蔵しました。

特長

  • 光安定性試験ガイドライン規定のD65放射基準対応光源を標準装備
    (オプション:白色蛍光ランプ、近紫外蛍光ランプへ変更可能)
    D65昼光色光源(20W、18灯)を装備しており、照度は0~10,000lx(回転試料台上)、紫外線強度は、0~170μW/cm2を確保しています。
  • Simple & Convinienceな対話方式の操作パネルを搭載
    操作パネルは、液晶タッチパネルで対話方式採用。簡単にプログラム入力でき、 パターンは最大5プログラム。1パターン24ステップまで入力可能です。
  • プログラムは実時間(24時間)方式/積算時間方式を選択できます
    プログラムは実時刻(24時間)/積算時間ベースで研究のメソッドに応じ、選択できます。
  • 設定した積算照度・積算紫外線量で装置を停止することができますこれにより任意の照射量で運転を止めることができます
  • スマートでソフトなイメージのフレーム
    すべての必要機材を内装化加湿タンクも内装化し、スマートイメージをモチーフにしています。
  • 高精度な照度制御
    庫内にセンサを装備。フィードバック制御により、高精度な照明制御が可能です。
  • 安定性試験ガイドラインに基づいた保存試験が可能なスペック採用(※)
  • ハイブリッド記録計装備
    温度、湿度、照度、紫外線強度を連続モニタリング
  • SDカードによる(記録計経由)記録データの抽出
  • ターンテーブル(オプション:遊星型へ変更可能)

オプション

  • ターンテーブル(遊星型)
  • エラー警報のメール配信(オプション)

仕様

型  式 PTH-400NC1
外寸(mm) W1,060×D820×H1,930
内寸(mm) W700×D650×H900
材  質 本体:鋼板 庫内:ステンレス鋼板
仕  上 樹脂焼付塗装
温  度 制御範囲 +20~45℃±1℃
制御方式 PID制御
湿  度 制御範囲 45~80%±5%(45%は25℃以上)
加湿方法 超音波加湿器
制御方式 PID制御
照  明 光  源 20W×18灯 D65昼光色
センサ フォトダイオード
照  度 0~10,000lx(回転試料台上)
紫外線強度

0~170μW/cm2 (10,000lxのとき)測定域260~400nm ピーク波長370nm

(紫外線強度は測定値であり保障値ではありません。)

設定方式 プログラム 実時刻方式(24時間)/積算時間方式、24ステップ/1パターン、最大5パターン
繰り返し 1~99回または無限回
プログラム時間 24時間/1パターン 実時刻方式 最大99時間59分/1ステップ 積算時間方式
ハイブリッド記録計 打点式:6点 有効記録幅:100mm 紙送り速さ(変更可):20mm/h 打点間隔:約5秒
電  源 3相200V 15A
価  格 ¥5,800,000

※指示精度:温度/湿度は照明消灯時のものです。

※温度センサ:白金測温抵抗体 湿度センサ:高分子薄膜容量式 照度センサ:フォトダイオード

(特徴※)

項目 詳細
本器の温度&湿度制御

温度範囲:+20℃~45℃±1℃

湿度制御範囲:45~80%RH±5%

保存試験で必要な条件

長期試験:25℃±2℃/60%RH±5%

中間的試験:30℃±2℃/60%RH±5%

加速試験:40℃±2℃/75%RH±5%

採用情報

お問い合わせ

メディカル機器・科学機器・研究設備・研究機器の導入、お見積のご相談等、お気軽にお問い合わせください。
オーダーメイドも承わりますので日本医化器械製作所にお気軽にご相談ください。

TEL.
06-6765-0223
FAX.
06-6765-0236

<お電話・FAXの受付> 日曜祝日を除く、月~金 9:00〜17:00

メールでお問い合わせ

ページの先頭へ