本文へスキップ

株式会社日本医化器械製作所は環境制御技術を専門とする医療機器・科学機器の専門メーカーです

TEL 06-6765-0223
FAX 06-6765-0236

〒543-0014 大阪市天王寺区玉造元町3番9号

屋外型バイオハザード対策レベルP1P/P2P ガラス温室

■遺伝子組換え施設の拡散防止措置に準拠したP1P/P2Pレベルのガラス温室  NEW !


 
 
動画による設計施工事例のご説明

P2Pレベル育成室
 
P1Pレベル育成室


■P1Pレベル育成室

  • 形質転換した植物の花粉や、その他の生物粒子が屋外へ流出するのを防止するために設置した、屋外型バイオハザード対策P1Pレベルの育成室です。
  • 温度は3位置制御を採用しており、低ランニングコストです。
  • 室圧は、陰圧(-10Pa)に制御。
  • 排気は、不織布フィルタを通して排気します。
  • 照明は、メタルハライドランプと蛍光灯にて補光可能。
  • 遮光カーテン、記録計装備。
  • 前室を設置。
  • <オプション>炭酸ガス濃度制御装置

P1Pレベル育成室(育成室No.3, No.4)
温度 夏期:+18~35℃ 外気温度32℃以下、湿度75%以下
冬期:+10~30℃ 外気温度-5℃以上、湿度50%以下
湿度 50~70%RH
制御 NCⅡプログラムコントローラ
室圧 -10Pa
照明 メタルハライドランプ400W×2灯
2灯式直管蛍光灯32W×4箇所



■P2Pレベル育成室

  • 形質転換した植物の花粉や、その他の生物粒子が屋外へ流出するのを防止するために設置した、屋外型バイオハザード対策室P2Pレベルの育成室です。
  • 温度は3位置制御を採用しており、低ランニングコストです。
  • 室圧は、陰圧(-30Pa)に制御、排気エアはHEPAフィルタでろ過後排出します。
  • 排水は、全自動排水滅菌処理装置を装備。
  • 照明は、メタルハライドランプと蛍光灯にて補光可能。
  • 遮光カーテン、記録計装備。
  • 前室を設置。
  • <オプション>炭酸ガス濃度制御装置

P2Pレベル育成室(育成室No.1, No.2)
温度 夏期:+18~35℃ 外気温度32℃以下、湿度75%以下
冬期:+10~30℃ 外気温度-5℃以上、湿度50%以下
湿度 50~70%RH
制御 NCⅡプログラムコントローラ
室圧 -30Pa
照明 メタルハライドランプ400W×2灯
2灯式直管蛍光灯32W×4箇所



■遺伝子組換え施設の拡散防止措置に準拠したP1P/P2Pレベルのガラス温室


 
全自動排水滅菌処理装置
 

移動可能なメタルハライドランプ
 

厳重なセキュリティ管理
 

P2Pレベル前室 
 
温・湿度調整されたエアの供給口
 
エア吸込口
育成室床下部に供給されたエアは、育成室の床ユニットを通じて育成室内にフローインされます。 




















株式会社日本医化器械製作所
Copyright(C)NKsystem,All Rights Reserved